『美容師おすすめ』自宅で簡単!市販のセルフカラー5選

透明感のある髪色に染めたいけど美容院に行く暇がない。

もっと安価で染めたい。そんな方におすすめなのが、”セルフカラー”。

 

セルフカラーは、いつでも手軽に染めることができるのがポイントです。

 

そこで今回は、セルフカラーの方法のポイントとおすすめのヘアカラーなどを一挙にご紹介します!セルフカラーで自分だけの透明感のある髪色を手に入れませんか?

 

  • なるべく安くカラーをしたい
  • 手軽に購入できる市販セルフカラーを知りたい

という方にオススメです。

 

サロンカラーと市販ヘアカラーのメリット・デメリット

そもそもサロンカラーと市販のヘアカラーって実際にそんなに違うの?と思われるかもしれませんが、実際大きな違いがあります。

その大きな違いのポイントは二つ!

価格ダメージです。

 

サロンヘアカラーは高いが、ダメージしない

 

成分に対して、高品質だったり、こだわりがあるのがサロンカラーです。

髪や頭皮に対して、徹底的にこだわっているので、髪の毛のダメージにを持っている人はサロンヘアカラーの利用がいいでしょう。

 

ですが成分が高品質ということは、価格の違いにもなります。やはり高品質な成分は希少でもあるのでサロンでカラーしようとすると価格が高くなってしまいます。

 

市販ヘアカラーは安いが、ダメージしやすい成分が悪い

 

値段がサロンヘアカラーと比較すると圧倒的に安いのが特徴です。

サロンでヘアカラー行うのに比べると5〜10倍値段の開きがあります。

その分、髪の毛に対してはダメージが大きくなります。

 

また、ムラになりやすいのもセルフカラーの悩ましいところ。

後頭部は見えないため、特に上手く染められない方が多いですが、ブロッキングして染めるときれいに染められます。ムラになりやすい後ろからセルフカラーしていくのがおすすめです。

 

美容師がおすすめする市販ヘアカラー

 

市販ヘアカラーを選ぶときのポイントと注意点は

 

  • 暗めのカラーを選ぶ
  • テクスチャーを意識する

 

暗めのカラーを選ぶ

市販のヘアカラーはどなたにも染めれるようにやや明るめに設定されています。また、放置時間もどのくらいおけばいいのか迷う店だと思いますので、想定よりやや暗めのものを選ぶと安心です。

テクスチャーを意識する

ヘアカラーは主に泡タイプ・乳液タイプ・クリームタイプがあります。

■泡タイプ
シャンプーのようにくしゅくしゅするだけ!手軽で塗りやすいので初心者さんにおすすめです。全体をムラなく染めてくれますが、細部の塗り残しは見逃しやすいので、根本や後ろ髪にも丁寧に揉み込みましょう。

■乳液タイプ
伸びがよく均等に塗りやすいため、毛量が多い方やロングの方におすすめです。垂れやすいので、ケープや汚れてもいいタオルを肩にかけるなど、準備をきちんとすると◎。

■クリームタイプ
髪の毛に定着し塗り分けがしやすいので、しっかりと染めたい方におすすめです。ブロッキングをしないとうまく染まらないのでこちらも事前準備が大事になります。また、プリン頭に悩んでいる方やその対策にも使いやすいのがクリームタイプのセルフカラー剤ですよ。

自分に合ったテクスチャーのものを使ってより良い仕上がりにしましょう。

①リーゼプリティア泡カラー フレンチベージュ

初心者さんにもおすすめ!有能セルフカラーなら”リーゼプリティア泡カラー”

・メーカー:花王
・参考価格:700円
・容量:500ml
・おすすめ度:★★★

“リーゼプリティア泡カラー”は簡単で染めやすく、泡タイプなのにダメージが少ないところが◎。泡立ちが良く、ムラになりにくいといった点でリピーターも多いです。
全22色の豊富なカラバリで、特にアッシュカラーが人気。きちんと赤みが消えてナチュラルな色に染まりますよ。

Amazonで詳細をみる    楽天で詳細をみる

②フレッシュライト

流行色!アッシュカラーなら”フレッシュライト 泡タイプカラー”

・メーカー:フレッシュライト
・参考価格:832円
・容量:1剤40g 2剤80ml
・おすすめ度:★★

“フレッシュライト 泡タイプカラー”は塗りやすく、髪色も発色がよいのが特徴です。全6色で、アッシュ特有の透明感も感じられます。
臭いも強くないので染めている間も嫌な気分になることはないのでおすすめですよ。

Amazonで詳細をみる    楽天で詳細をみる

③ダリヤアンナドンナ/エブリ ヘアカラー ラビットベージュ

”セルフカラー経験者におすすめ”ダリヤアンナドンナ エブリ ヘアカラー”

・メーカー:ダリヤアンナドンナ
・参考価格:1300円
・容量:1剤40g 2剤80ml
・おすすめ度:★★★

“ダリヤアンナドンナ エブリ ヘアカラー”は傷みにくく、全10色のカラバリで、発色が良いのでほとんど見本通りの色に染まるのが特徴。ケアアイテムなどの付属品がしっかりついているのもうれしいです。また、乳液タイプのものなので慣れていないと塗りづらく感じるかもしれません。初心者さんはご注意くださいね。

楽天で詳細をみる

④ルシードエル ミルクジャムヘアカラー#生チョコガナッシュ

甘い匂いで染めるなら”ルシードエル ミルクジャムヘアカラー”

・メーカー:ルシードエル
・参考価格:598円
・容量:1剤40g・2剤80ml
・おすすめ度:★★

“ルシードエル ミルクジャムヘアカラー”は全5色で色落ちは少し早いですが、ムラになりにくく発色が良いです。また、とても傷みにくいのでギシギシすることなく染まります。
臭いが甘めの香りになっているのでカラー剤の臭いが苦手な方におすすめですよ。

Amazonで詳細をみる    楽天で詳細をみる

⑤パルティ 泡のヘアカラー ナチュラルアッシュ

”ブラウン系で染めるなら”パルティ 泡のヘアカラー””

・メーカー:パルティ
・参考価格:712円
・容量:1剤42ml・2剤63ml
・おすすめ度:★★

“パルティ 泡のヘアカラー”は他の商品と比べて泡を作るのに少々時間がかかりますが、見本に近い色に染まります。ケアアイテムが付いていないため、染めた後のケアを念入りにやると良いですよ。ブラウン系を多くそろえた全15色。色持ちはあまりよくないので、短期的にトーンダウンしたい方などにおすすめです。

Amazonで詳細をみる    楽天で詳細をみる

 

 

  • 最近は市販のヘアカラーの中でもサロンクオリティのヘアカラーが増えている
  • 髪の毛のダメージケアをしていきたいなら、サロンカラーがおすすめ!

 

でも、もし本当の意味で髪質改善を行いたいなら、ヘアカラー選びは重要です。成分にとことんこだわって、美しい髪の毛になりたのであれば本当のサロンヘアカラーを体験して、価値のあるヘアケアを行いましょう。

関連記事

  1. 【ヘアカラーの基礎知識】ヘアカラーの仕組み!

  2. 『自宅で簡単にできる』ブリーチの色持ちを3倍以上にあげることの出来る方法

  3. ヘアカラー【ブリーチ基礎知識】ダブルカラーの色別特集!

  4. 『オーガニックカラーとは?』メリットとデメリット

  5. 【ヘアカラー基礎知識】髪へのダメージランキング!

  6. 『スロウカラーってなに?』美容師が使い方や色を紹介します。