『オーガニックカラーとは?』メリットとデメリット

この記事では『オーガニックカラーの特徴』について紹介していきたいと思います。

  • オーガニックカラーって何?
  • どういうものがオーガニックカラー?
  • オーガニックとボタニカルの違いってなに

という内容をメインに紹介していきたいと思います。

 

オーガニック志向の女性が増えてきている昨今。

多くのアイテムが”オーガニック”を中心に販売されています。

カラー剤でもオーガニックカラーというものが存在します。

 

そこで今回のこの記事ではオーガニックカラーの基礎知識や、特徴についてわかりやすくまとめていきたいと思います。

 

オーガニックカラーとは?

オーガニックは、英語で”有機栽培”という意味です。

 

 

オーガニックカラーとは着色料や香料、石油系成分などは使わず、天然でできた原材料を使用したカラーのこと。オーガニックカラーは基本的に植物性成分を使用している場合が多いです。

オーガニックの注意点オーガニックの注意点

食品の場合は、農林水産省により有機JASマークがつけられるため、消費者がオーガニック食品を選ぶ際の目安になります。しかし、カラーなどの化粧品は農林水産省ではなく厚生労働省の管轄となるため、有機JASマークをつけることはできません。このため、現在のところ食品以外の「オーガニック」の統一基準がないのが実情です。オーガニックカラーを使いたい方は、成分表示をきちんとチェックして判断することが重要です。

 

オーガニックとボタニカルの違いって何??

 

雰囲気的にオーガニックとボタニカルってって同じようなものだと思っている方は多いと思います。
実際にどこが違うのかということを話していきたいと思います。そのためにまずはボタニカルについて解説していきたいと思います。

ボタニカルとは、植物のことを言います。近年のトレンドとしてファッションや雑貨、ドリンク・フードにまで幅広く浸透し、植物をライフスタイルに取り入れる女子が急増したことから「ボタニカル女子」という言葉まで生まれたほど。

そんな話題沸騰中のボタニカルをたっぷり取り入れたスキンケアがあれば、植物由来の力で女子のデリケートな肌もやさしく守り美しさを保ってくれそうですよね

オーガニックとボタニカルの違いは、安心・安全が保障されているかどうかです。
製品や原材料に、化学肥料、化学農薬を使用しているかどうかなど、あらゆる基準をクリアしたものだけがオーガニックとして認められます。
反対にボタニカルには基準そのものがありません。
極端なことをいうと、1%の植物由来の成分が入っているだけでもボタニカルと言えてしまうのです。

オーガニックカラーの特徴

ほど紹介した通り、オーガニックカラーは、有機栽培された植物成分が原料となっています。
自然由来の成分を使用しているため、人体に対する安全性が高く、無添加よりも基準が厳しいのがオーガニック製品の特徴です。
  • 有機栽培成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はきしみやすい

 

 

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のカラー剤の成分に比べてコストが高いため、その分高価になりがちです。

 

♦注意点!オーガニックを認定している機関が存在していない

海外にはオーガニックコスメ、オーガニックフードなどオーガニック商品に対して厳しい検査基準を設け、チェックして、認定する機関が多く存在します。フランスはエコサート、そしてドイツにはBDIHなどが有名。

それこそ、国自体が認定機関を設けている国もあるくらいです。

しかし、日本では、オーガニック商品の安全性を高めようと認定団体も発足しているようですが、海外ほどまだ認知されておらず権威もないのが現状となっています。

また日本は、オーガニックを認定する基準がないので、わずか1種類でもオーガニック原料が含まれていれば、オーガニック商品として売り出すことが可能です。

やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

 

オーガニックカラーのメリットとデメリット

 

以下がオーガニックカラーのメリットとデメリットです。

メリット

  • 髪のツヤ、ハリ・コシ、が良くなる
  • 頭皮トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的

 

オーガニックカラーの1番のメリットは「安心・安全」ということです
カラーを使うと「頭皮が痒くなる」「乾燥する」といった人には大きなメリットになります。

オーガニックは人体への負担がなく、毎日使っているカラーも安心かつ安全です。

地肌トラブルを抱えている人や、科学物質などのアレルギーなどを気にする人にはおすすめのカラーなのです。

 

デメリット

 

  • 明るいヘアスタイルには向いてない
  • 価格が高い

オーガニックカラーの1番のデメリットは「明るいカラー作りにくいことです。

また、自然成分の構成が多くなるオーガニックカラーは、価格が高くなってしまいます。

まとめ

オーガニックカラーは頭皮への刺激が少ないため、メリットも多いです。
有機栽培した植物成分を原料としたオーガニックカラーは、
頭皮に優しい洗浄成分を使用している分、通常のカラーよりもコストが高くなることがあります。
ぜひ、自分に合ったカラーを選んでくださいね。

 

関連記事

  1. 『イルミナカラーって?』美容師が使い方や人気の色を紹介します。

  2. 【ヘアカラー剤2剤の役割】希望のカラーとダメージさせないために知っておきたい!

  3. 『ボタニカルカラーとは?』メリットとデメリット

  4. 【イルミナカラー・オーキッド】ってどんな色?ラベンダーカラーカラーレシピ!

  5. 「ブリーチは何回必要?」希望のカラーになるブリーチの回数と黒染めからのブリーチについて!!

  6. 『アプリエカラーってなに?』美容師が使い方や色を紹介します。