【シャンプーの基礎知識】シャンプーの目的に合った選び方を解説!

『今自分のシャンプーで正しいケアができていますか?』

年齢・トレンドと共に変化していく髪。誰しもが綺麗に伸ばしたいや見られたいと思っていると思います。しかし、正しいケア方法としてシャンプーに注目していない女性が多くいます!

髪の毛のくせや、広がり、ぱさつき、まとまらないなど髪の毛の悩みを出し始めるとキリがありません。

ですが、シャンプーの選び方で本当に今の髪と全く違ったまとまりの良い髪が手に入れられるんです

さらに、正しいシャンプーの仕方でも髪質はだんだん変わってきます!

そこで今回は、出来るだけ多くの方に「シャンプーの大切さ」を身に付けてもらおういただきたく、
わかりやすシャンプーの知識をご紹介していきますね!

頭皮や髪の毛のトラブルで思い当たる節がある方は是非参考にしてみてください。

シャンプーの目的

ネットやドラックストア・美容院で購入できるシャンプーは成熟しています。正直、どれを選んでいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

しかし、性別や年齢など頭皮の状態によってシャンプーに求めることが違いますが、本来の目的は『頭皮の洗浄』と『環境を整えること』になります。

 

頭皮の洗浄とは、日常生活をすることで分泌される皮脂やホコリ・スタイリング剤など指します。皮脂は特に酸化しやすく、その日のうちに落としておかないと、痒みや臭い、薄毛、髪のダメージなどにつながってしまうの毎日することがおすすめです。

シャンプーは髪ではなく頭皮環境の改善の目的

シャンプーの本来の目的は『頭皮の状態を整えることで、髪の毛の悩みまでも改善』していくことです。

具体的に改善していく頭皮や髪の毛の悩みは多くあります。

  • 頭皮がかゆみ
  • 頭皮が赤い、炎症を起こしている
  • クセが強い、うねりや捻じれがある
  • 広がる、アホ毛が出る
  • ボリュームが出ない、細くなってきた
  • パサパサして乾燥・静電気がひどい

 

などがあげられます。

毎日使うシャンプーによって髪の毛・頭皮の悩みや間接的な頭皮環境悪化の原因が起こりやすくなります。それ以上に間違ったヘアケアで頭皮環境を悪化させている方がとても多いです。

『シャンプー の大切さ』によって頭皮の状態を良くするような正しいヘアケアすることで、頭皮環境も良くなり、徐々に頭皮、髪の毛の悩み改善していきます。

頭皮環境を改善してくれるシャンプーに大切なことは美容師の経験上、2つしかありません。それは、『シャンプーの選び方』と『正しいシャンプーの方法』です。

今回はシャンプーの選び方を解説していきますね。

正しいシャンプーの方法の記事はこちらから

シャンプーの選び方

髪を綺麗にする為の3つのポイント

  • 洗浄成分
  • 改善したい悩みに合うシャンプー
  • 毎日使うからこそコスパが合ったシャンプー

頭皮環境の改善を目的としたシャンプーの選び方のポイントは上記のたった3つだけです。

①洗浄成分で選ぶ

美容師としてまず言えることは、シャンプーで一番大切な洗浄成分で覚えていてほしいことです。この洗浄成分の違いで、シャンプーを大きく4種類のタイプに分けることができます

  • アミノ酸系
  • ベタイン系
  • 石鹸系
  • 高級アルコール系

もっと細かく成分はありますが、主に4つを理解していれば問題はありません。それぞれののメリットや美容師目線で理由など交えながら簡単に解説していきましょう!

【髪・頭皮に最適!】アミノ酸系シャンプー

まず、最初から美容師目線で結論を言うと…とりあえずアミノ酸系シャンプーを選んでおけば間違いがない!と過言ではありません。

髪はタンパク質で構成されているので、同じタンパク質成分のアミノ酸とはかなり相性がいいので美容師として1番オススメと言えます。さらにアミノ酸を補給しながら髪と頭皮を守りながら洗浄できるので乾燥肌や敏感肌の方にも使いやすいのもメリットです。

【アミノ酸シャンプーとは?】特徴や成分・選び方など疑問を全て解説

【低刺激でおすすめ】ベタイン系シャンプー

アミノ酸系シャンプーの次にオススメなのが、ベタイン系シャンプーです。

デリケートな赤ちゃんにも使用できるほどの洗浄力なのに、泡立ちも悪くないので使いやすいシャンプーと言えます!

さらに、保湿効果があるので使い続ける事によって髪本来の艶をキープすることができます。白髪による頻度の高いカラーリングやコテなどを使うなど、パサついた乾燥毛は髪トラブルの原因となるのでとっても嬉しい効果ですよね。

【洗浄力が強い】石鹸系シャンプー

低刺激だが洗浄力が強めなので、脂性肌や男性の使用に相性がいいといわれています。
天然成分を使用したものが多く頭皮には優しいのですが、アルカリ性で洗浄力が強く、髪の毛に適した洗浄成分とは言い難いです。

【コスパ重視なら。。】高級アルコール系シャンプー

もっとも代表的な界面活性剤です。市販のシャンプーのほとんどを占め、安価で洗浄力の強いのが特徴。
高級アルコール系の洗浄成分を使用したシャンプーで、洗浄力が強い反面、髪の毛や頭皮にダメージを受ける恐れがあり、やや近年不人気傾向です。

 

②頭皮・髪の悩みに合ったシャンプーを選ぶ

  • 髪質による悩み
  • パサつき・まとまりなどダメージの悩み
  • フケや痒みなど頭皮トラブルの悩み
  • ボリュームや薄毛など年齢による悩み

などなど、人それぞれ違います。

目的に合わせたシャンプーの選び方は、洗浄成分の後に配合されていることが多い天然由来成分や保湿剤などが重要になります。

 

コスパの良いシャンプーを選ぶ

『高いシャンプーを使えば結果が出る!』とは言いませんが、毎日使用するとなると金銭的にも厳しいですよね。シャンプーは適量を使わないと効果が出にくいのでコスパで選ぶことも重要なポイントです。

しかし、安くても効果を十分に得られるシャンプーを見つけることはそんなに難しいことはありません。悩みによってもシャンプーの種類が多くありますが、美容師が使ってみた感想も踏まえたコスパがよくてオススメのシャンプーもぜひ参考にしてください。

【サロン専売おすすめアミノ酸シャンプー】の記事はこちら

【市販おすすめアミノ酸シャンプー】の記事はこちら

関連記事

  1. 『カラー後のケア』毎日の洗い流さないトリートメントで艶髪キープ

  2. 【ヘアケア】正しいドライヤーの乾かし方で、まとまりやすい髪と傷みづらい髪をGET!

  3. 【シャンプーの使用期限はいつ?】開封前と開封後でも使用期限は違うんです!!

  4. 【シャンプーの正しい洗い方】で美髪を作ります!

  5. 【効果的なトリートメント方法】自宅で簡単!一歩進んだトリートメントの使い方

  6. 【ヘアケア】ブラッシングの大切さ!正しいブラッシングで頭皮と髪に良いことを!