ヘアカラーでキシキシに傷んだ髪をサラサラにする為のシャンプーの選び方

カラーリングは今の時代している方が多くいると思いますが、急に髪が傷んでしまったという相談をされる機会があります。

そんな時、髪質を改善するためにトリートメントを美容院ではオススメをしますが、その後のホームケアがとても重要になります。

 

ホームケアの中でも重要なシャンプー。

この記事では『カラーでキシキシに髪が傷んでしまった方のシャンプーの選び方』について紹介していきたいと思います。毎日使うシャンプーが1番効果的なケア方法なのですが、シャンプーには様々な種類があるので選び方がとても大切です。

 

 

  • カラーで髪がキシキシ・ゴワゴワになった・・・
  • カラーで傷んだ髪をどう治したらいいの?
  • サラサラに戻す為にどのようなケアをしたら良いの?

 

髪が痛んでしまう原因!キシキシなったらどうしたらのか?

 

カラーやパーマなどの需要が高い昨今では、髪がキシキシに傷みやすくなっています。そもそも髪がそのような手触りにまで変化してしまった理由としてはいくつかの原因が考えられます。

 

髪が傷んでしまう原因

・カラーやパーマの頻度が早い
・ブリーチをしている・毛先に残っている
・市販のカラー剤を使っている
・濡れている状態でアイロン・コテの使用
・髪を乾かさない
・シャンプーの洗浄力が強すぎる

 

 

他にもさまざま原因がありますが、代表的な傷みやすい理由になります。

髪の毛が痛んでしまうと、髪のハリコシを出す為の内部がスカスカの状態になるので、急に髪の毛がキシキシの状態になってしますと言うことですね!

 

キシキシになった髪にはシャンプーケアがオススメ

 

傷んでしまった髪は、毎日のシャンプーでも改善する事が可能です。
傷んでしまった髪を改善する為のシャンプーの選び方をまとめてみました。是非参考にして髪をキレイになりましょう。

洗浄成分が優しいシャンプーを選ぶ

 

シャンプーに求める1番のポイントは、『洗浄成分』です。

 

洗浄成分には界面活性剤と言うものがありますが、、洗浄力が強すぎると頭皮に必要な皮脂を取りすぎるため、健康な髪が生えにくい環境を作ってしまいます。

 

さらに髪と地肌がパサつかないように保湿成分が過剰に配合されているので

逆にベタついたりする原因や、シャンプー自体に白い濁りが生まれ着色されます。

髪質を改善できるシャンプーは、白っぽく濁った色をしていないのがオススメです。

 

その他にも高級アルコール系や石けん系・アミノ酸系シャンプーと洗浄成分には種類がありますが

髪に優しいアミノ酸シャンプーがキシキシした髪には最適です。

植物性のエキスやオイルがたっぷり配合されているボタニカル系のシャンプー

 

ボタニカル系のシャンプーは頭皮にも髪の毛にも優しい傾向があります。

海外のオーガニック認証基準をクリアしているものは特に刺激が少ないようです!

敏感肌の人や頭皮のダメージケアにも注力したいという人は、洗浄成分の刺激をマイルドにする植物性の成分が多く含まれているものを使うことをおすすめします。

 

 

コスパがよく長く使えるシャンプーを選ぶ

 

傷んでしまった髪を改善する為には、いい成分のシャンプーを継続的に使用することも重要。

 

少し髪質が良くなったからと言って、すぐに違うシャンプーをする事でまた髪が痛んでしまう可能性も多々あります。

なので髪質改善できるシャンプーを長く使い続けるには、コスパも大切な要素になってきます。

 

人それぞれのコスパがいい観点は違うと思いますが、自分に無理のない価格のシャンプーを選びましょう。

 

キシキシした髪をサラサラに髪質改善できる

カラーをした後にシャンプーがキシキシになってしまう髪を改善するにはアミノ酸系のシャンプーでのケアがとても効率よくコスパが良いのでオススメです。

美容師も良く『シャンプーで髪質がよくなりますよ〜』という事をよく聞くと思いますが、1番効果が高く大切なヘアケア方法だからなんです。

せっかく髪の毛をキレイに染めても痛んでしまっては、その良さも半減してしまいますよね!日々のケア方法をうまく取り入れて、長く楽しめるようなヘアを楽しみましょう!

関連記事

  1. 【ヘアカラーの基礎知識】ヘアカラーの仕組み!

  2. 【ヘアカラーの色持ちを良くする方法7選】現役美容師が色落ちの原因を解説!

  3. 【ヘアカラー剤の種類】髪のダメージやアレルギーをチェック!!

  4. ヘアカラー【ブリーチ基礎知識】ダブルカラーの色別特集!

  5. 【ヘアカラー剤2剤の役割】希望のカラーとダメージさせないために知っておきたい!