『酸性カラーとは?』メリットとデメリット

この記事では『酸性カラーの特徴』について紹介していきたいと思います。

  • 酸性カラーって何?
  • どういうものが酸性カラー?
  • 酸性カラーととアルカリカラーの違いってなに

という内容をメインに紹介していきたいと思います。

 

 

カラー剤でも酸性カラーというものが存在します。

 

そこで今回のこの記事では酸性カラーの基礎知識や、特徴についてわかりやすくまとめていきたいと思います。

 

酸性カラーとはヘアマニキュアのこと

「酸性カラー」とは、ヘアカラーの一種でヘアマニキュアとも呼ばれています。

酸性カラーはアルカリカラーとは違い、髪の毛のキューティクルを開いて染料を浸透させるのではなく、髪の毛の表面に染料をコーティングしてカラーリングします。髪の毛を脱色せずに染料を塗布するので、アルカリカラーよりも発色は落ちますが、ツヤ感が出て透明感を表現することが可能です。

 

へアマニキュアは、どれくらい色持ちするの?

髪質などにもよりますが、酸性カラーは2~4週間くらい色持ちします。

髪を洗うたびに酸性カラーは落ちていき、4週間ほどで元の髪色に戻ります。

ただし、酸性カラーはしっかりと発色するメニューでないため、髪が伸びても根元と毛先のカラーの差が目立ちにくいのがメリットです。

 

アルカリカラーとは?

 

アルカリカラーとは一般的に美容室で行いカラーや市販で売っているカラー剤のことを指します。

ヘアカラーをする時に使用されているものであり、色落ちがしにくい、染めてからの持ちがよい、色の種類が豊富という特徴があります。

しかし、アルカリカラーは髪の毛のキューティクルを開いてカラーを浸透させ、髪のメラニン色素を脱色して染料を発色させるため髪が傷みやすいといわれています。

また、体質によってアレルギーを起こす方がいます。

酸性カラーのメリットとデメリット

 

以下が酸性カラーのメリットとデメリットです。

メリット

  • 髪の毛にダメージを与えないでカラーが出来る
  • ツヤや透明感が出る
  • 発色が良い

 

デメリット

 

  • 黒髪から酸性カラーしても色味があまり変わらない
  • すぐに酸性カラーからヘアカラーにチェンジできない
  • カラー剤が頭皮や手に付着すると取れにくい

 

黒髪から酸性カラーしても色味があまり変わらない

酸性カラーは髪を明るくするカラー剤ではないため、黒髪のままマニキュアしても、髪色にあまり変化が見られません。

黒髪にツヤやハリをプラスしたいときにはマニキュアがおすすめですが、髪を明るくしたい場合にはヘアカラーを選ぶのがベターです。

すぐに酸性カラーからヘアカラーにチェンジできない

酸性カラーをしたけれど、思ったような髪色に仕上がらなかった…ならばヘアカラーにチェンジしよう!と思っても、すぐにはチェンジできません。

酸性カラーが髪の表面をコーティングしているため、髪の内部にヘアカラーが浸透しにくくなっているからです。

ヘアカラーを試したいなら、酸性カラーが色落ちするまで待つとよいでしょう。

カラー剤が頭皮や手に付着すると取れにくい

酸性カラーが地肌についてしまうと、色がなかなか落ちないので注意が必要です。

酸性カラーはシャンプーや洗顔、入浴などで色落ちする性質のため、万が一付着した場合にはこすったりせず、自然に色落ちするのを待ちましょう。

酸性カラーをセルフで行う場合、地肌にカラー剤が付着しないよう、クリームを塗ったり、手袋をはめたりと、わずらわしい作業が発生してしまいます。
カラー剤で衣服や浴室を汚してしまう場合もあるため、酸性カラーするなら美容院でオーダーするのがおすすめです◎

まとめ

酸性カラーはヘ髪への負担をおさえながら、いろんな髪色にチャレンジできます!

 

カラーリングは実際に染めてみないと、似合うかどうか自己判断しづらいもの。また髪色を変えれば、気軽にイメチェンすることができます◎

 

カラーリング初心者も、まずはヘアマニキュアに挑戦してみるのもおすすめです。

 

関連記事

  1. 『オーガニックカラーとは?』メリットとデメリット

  2. 『スロウカラーってなに?』美容師が使い方や色を紹介します。

  3. 「ブリーチは何回必要?」希望のカラーになるブリーチの回数と黒染めからのブリーチについて!!

  4. 【イルミナカラー・オーキッド】ってどんな色?ラベンダーカラーカラーレシピ!

  5. 【ヘアカラー基礎知識】髪へのダメージランキング!

  6. 『イノアカラーってどんな色?』現役美容師が解説するオススメレシピも